ペットシッター&ホテル NANA HOUSE

090-6644-7333

年中無休
シッター&ホテル受付の時間 9:00~20:00

News
>News & Topics

留守番させることによる猫のストレス

長く猫を飼っている飼い主の方であれば、一度ぐらい猫に長時間の留守番をさせたことがあるという方も多いでしょう。
もちろん、1泊ぐらいの留守番であれば大丈夫ですが、それ以上の長時間を猫だけで過ごさせるというのは、猫に大きなストレスを与えることになってしまいます。

猫は犬よりも単独で居ることを好むので、飼い主が居なくても大抵は大丈夫ですが、あまりにその時間が長いと、どうしてもストレスになってしまいます。
猫に留守番をさせるときのグッズとして、自動給餌機や自動給水機などで、設定した時間に餌と水をやったりすることができますが、それでも飼い主が長時間居ないというのは飼い猫にとってはストレスになるのです。

では、猫に長時間留守番をさせた場合どうなってしまうのでしょうか?
単純にストレスが溜まるのはそうですが、飼い主と遊ぶことも出来ずに時間を持て余してしまいます。
その結果、いつもはしないのに、部屋を荒らしてしまったり、暴れまわってしまうこともあります。ストレスが溜まりすぎると体調にも影響を与え、下痢や嘔吐をしてしまうこともあります。

他にも、季節によっては、夏などは暑くて熱中症になってしまったり、冬は寒さに晒されてしまいますので、冷暖房器具をつかって温度調節をすることが大切になります。湿度も猫の健康に影響しますので、適正な温度と湿度を保つ必要があります。
猫によって好みの室温や湿度があると言われていますので、普段から観察しておくと良いでしょう。

多くは18~26度の室温で、湿度は50~60%で私たち人間にとっても丁度良い環境と言えます。

猫のストレスを軽減する方法としては、飼い主の臭いのついたものを寝床に置いておくと良いでしょう。
猫も飼い主の留守中は寂しさを感じていますので、シャツやタオルなどを置いておくことで寂しさを紛らわすことがえ出来ます。

上記までは、完全に猫だけで留守番させる際のストレスのことを書きましたが、これらの心配もキャットシッターにご依頼いただければ全て解決することが出来ます。
飼い主様に代わって猫のお世話を致しますので、留守中の飼い猫が心配だという方は、是非NANA-HOUSEのキャットシッターサービスをご利用ください。


Infomation

キャットシッター&ホテル
NANA HOUSE

090-6644-7333

シッター&ホテル受付の時間 9:00~20:00

年中無休
所在地:愛知県名古屋市中区
※キャットホテルをご利用の方に詳しい所在地をお伝えしております。
第一種動物取扱業(保管)270350(有効期限平成32年10月25日)
保険加入しています。

NANA HOUSEは名古屋市全域を対象にキャットシッター・キャットホテルサービスを承っております。長期外出中のペットのお世話を、普段飼い主様が行っている方法を再現しな がら行います。事務的な対応ではなく、キャットシッターとして猫を愛する気持ちをもって対応致します。一緒に遊んだり、声を掛けたりしながら、猫を飽きさせないサービスを心がけております。